アトピーでもキレイになれる!

幼少期から成人まで重症アトピーを患っていた美容コスメマニア。アトピーに良いものを研究しつくし、独自のセルフケアで現状はツヤ肌を維持!『アトピーだって絶対キレイになれる!』を実証します!

アトピーの私が紫外線アレルギーの治療でステロイドに頼らず克服!

私の紫外線アレルギーの体験談を書かせていただいたので、良ければこちらも合わせてお読みください。

atopy-kanti.hatenablog.com

 

このように、アトピーの私が紫外線アレルギーまでも発症してしまったのですが、どういう風なセルフケアで治療できたのかお話しさせていただきますね。

 

 

◆紫外線アレルギーの治療はステロイドしかないの?

f:id:lovemorimori:20160610132207j:plain

前回にも書きましたが、現在はまだ紫外線アレルギーの特効薬はありません。

 

紫外線を浴びてかゆみや湿疹・じんましんが出たら、病院を受診して非ステロイド・ステロイドなどで症状を抑えるなどの方法になります。

 

出来るだけ日光に当たらないようにするのが一番なのですが、当たってしまって湿疹が出たら、その都度ステロイドを塗る・・・これしかなさそうですね。

 

 

うーん・・でもこの治療法はアトピーっ子に限らず、ちょっとためらってしまいますね。

 

ステロイドの使用が決して悪いわけではありません。

 

症状が重い場合や緊急時などは、きちんとした皮膚科医のもとで適切に使ったほうが良い時もあるのは事実です。

 

しかし長年アトピー患者としてステロイドを使用しながら、良くも悪くも過ごした経験がありますので、少なからず私はステロイド使用に関しては色々思うところがあるので、

 

「これ以上アトピー以外のいろんなアレルギーでステロイドを使いたくない」

 

というのが正直なところです。

 

ではいったいどうしたら良いのでしょうか?

 

 

◆敏感肌やアレルギーにも日焼け止めはこの時期重要!

f:id:lovemorimori:20160611121447j:plain

 

アトピーを始め、敏感肌のみなさんは日焼け止め、使っていますか?

 

紫外線は肌への負担が大きく、アトピー体質となると尚更皮膚のバリア機能が低下している状態なので、アレルギーなど紫外線の悪い影響を受けやすいのでぜひとも避けたいですね。

 

でも、日焼け止めを塗ったら余計にアトピーがかゆくなるという理由で、あまり塗ってない方も多いのでは?

 

でも紫外線アレルギーは、日焼け止めを塗ることが基本なのです。

 

なので、私は日傘とアームカバーに加えて日焼け止めをせっせと塗っていました。

 

が、良くなるどころか日焼け止めを塗って外出するたびに小さな発疹・じんましんが腕全体に広がって悪化していきました。

 

 「日焼け止めは一番大事なのに、日焼け止めを塗っても悪化するなんてどうしたらいいの!?」

 

悩んで自分なりに色々調べて試した結果、ある事実が判明しました。

 

 

◆紫外線吸収剤はアトピー肌には良くないかも!?

紫外線吸収剤をご存知ですか?

これは日焼け止めに入っている成分で、肌で化学変化を起こして日に焼けにくくするという化学成分です。

 

使い勝手は大変良く、なめらかで伸びも良くて白くならない。汗に強いのも特徴です。

 

が、しかしこの紫外線吸収剤。

化学成分なのでなんせお肌に負担が大です。

 

ましてや、ただでさえ敏感でバリア機能が弱っているアトピー肌には刺激が強すぎる傾向があるので、避けたほうがいいかもしれません。

 

そこで私がせっせと塗っていた日焼け止めを見てみると、見事に「ベタつかずにサラサラキープ!白くならずに汗・皮脂にも強い!」なんて書いているではありませんか。

 

もしかしたら私の紫外線アレルギーは、もちろん初夏の日差しに耐え切れずに発症したと思うのですが、この紫外線吸収剤の日焼け止めにもアレルギー反応を起こしているのではないか? そう考えました。

 

そして自分自身で実験してみたのです。

 

 

◆紫外線吸収剤不使用・ノンケミカルの日焼け止めでアレルギーが治った!?

f:id:lovemorimori:20160611122828j:plain

 

紫外線吸収剤に対して、逆にその成分が使われていないものを

  • 紫外線吸収剤不使用
  • ノンケミカル
  • 紫外線散乱剤

などと言います。

 

しかし店頭に並んでいるのは、ほぼ紫外線吸収剤が入っているものばかりです。

 

なので、紫外線吸収剤不使用(紫外線散乱剤・ノンケミカルと言われるもの)で、評判の良いものをネットで取り寄せて使ってみました。

 

 

そして、さっそく幼稚園のお迎えにの前に念入りに塗り、敢えてアームカバーなしで果敢に挑んでみました。

 

するとどうでしょう。普段なら、ジワジワと手の甲や腕、最後はほっぺたにまでポツポツと痒いじんましんが出だすのですが・・あれ?出てこない。

 

えっ?こんなにもあっさりと結果がわかるものなのかというくらい、じんましんは全く出ませんでした。

 

私の紫外線アレルギーは、急激な初夏の日差しのせいと、あとは恐らくこの紫外線吸収剤によるものだったのです。

 

それからの私は、完全に紫外線吸収剤不使用・ノンケミカルのとりこです。

 体も顔も、もうノンケミカルじゃないとダメになりました。

 

そして何より、紫外線吸収剤配合のものはしっかりクレンジングが必要なのですが、

ノンケミカルは石鹸で落とせるのです!

これは毎日使い続ける上でアトピー肌にとっては大変重要となってきます。

 

 

 

 

◆紫外線吸収剤不使用のファンデーションでおすすめは?

 ノンケミカルの日焼け止めは天然成分なので、赤ちゃんに使えたりお肌には優しいのですが、汗に弱く、塗ると白くなります。(じんましんが出るよりは全然いいのですが)

 

体には良くても、顔が白浮きしてしまっては使うのを少しためらってしまいますよね・・。

 

そこでおすすめはラノア というファンデーション。

 

ノンケミカルの紫外線吸収剤不使用・鉱物油不使用・合成香料不使用・タール色素不使用・パラベン不使用というアトピーには大変ありがたいファンデ。

 

これ、崩れません。夏にもってこいです。

 

しかも使い勝手が、美容液のようなテクスチャーなのでファンデなのに美容液でスキンケアしてる感覚です。

 

 

 それでいてSPF50,PA++++という最高基準で焼けません。

 

ですので、お顔に関してはこういったノンケミカルタイプのファンデーションなどを選ぶと、お化粧も出来て一石二鳥でおすすめです。

 

 ************