アトピーでもキレイになれる!

幼少期から成人まで重症アトピーを患っていた美容コスメマニア。アトピーに良いものを研究しつくし、独自のセルフケアで現状はツヤ肌を維持!『アトピーだって絶対キレイになれる!』を実証します!

ワセリンは余計に痒くて悪化する!夏のアトピーにワセリンは必要なのか。

夏にアトピーが悪化する方に質問です。軟膏系の塗り薬、塗ったら余計にベタベタと痒くなりませんか?少なくとも私はワセリンでものすご~く痒くなります。

 f:id:lovemorimori:20160710210723j:plain

「ワセリンには色んな種類があって・・」とか、「黄色いやつじゃなくて白く精製されているものを・・」とか、「ちゃんと皮膚科で処方されるワセリンだったら合うんじゃ・・」とか、そういうことじゃないんです。そんな事は承知です。

 

もうね、ワセリン自体が合わないんですよ!!!

 

 

 

◆ワセリンは保湿剤ではない!

アトピーにワセリンを処方されることって多いと思います。私も処方されたこともありますし、子供の乳児湿疹にもワセリン(プロペト)を処方されました。

 

そもそもワセリンの役割についてなんですが、ちょっと勘違いしている人もたまにおられるので・・・ワセリンは保湿剤ではありませんよ~!!

 

よくネットでも「ワセリンで保湿して・・・」とか書かれてる方がおられますがちょっと違いますね。

 ワセリンは、膜を張って肌を保護する役目ですので保湿効果は一切ありません。保湿された肌の上に使ったり、赤ちゃんであればヨダレかぶれなどの口周りを保護するために処方されたりします。

 

アトピーにも同じことが言えて、乾燥しやすいアトピー肌さんには保湿の後にこれを塗って、お肌の乾燥や蒸発を防ぎましょう!という感じですね。そしてワセリンを塗ることによって、外的刺激からお肌を守ってくれるというメリットも。

 

いわばフタです。でも単なるフタです。それ以上でもそれ以下でもないんです。

 

 

 

 

◆夏に悪化するアトピーにワセリンは痒くて合わない?

 f:id:lovemorimori:20160710210817j:plain

 

アトピーの肌を保護するために塗ってくださいというのはわかるんですが。ただ、私以外にも案外多いと思うのですがワセリンはものすごく痒くなります。

 

 

私はタイプ的には夏にアトピーが悪化しやすく、冬に軽快されるのです。

夏に悪化するのは、恐らく汗に反応したり、汗の皮膚のベタベタで患部に雑菌が繁殖したりして余計に痒くなってるんだと思います。

 

そんな夏に悪化型の私のアトピー。基本的に、夏は軟膏系の塗り薬は全般的に痒くなります。ワセリンも同じくです。

 

ただでさえ汗でべたついてるのにその上からワセリンなんて。言いしれぬベタベタ感。それが引き金で起こる痒み。薄~く塗って伸ばしてもかゆいです。 なので、私は夏にワセリンは一切使っていません。

 

 

 

 

◆ワセリンは乾燥肌タイプか冬場のみの使用でOKだと思う

そもそもワセリンは、アトピー全般に使うべきもの、いや使っていいものかと言われたらちょっと違うと思いますね。

 

先程も言ったようにアトピーにも色んなタイプの人がいて、特に夏に悪化する人や、冬に乾燥しすぎて悪化する人、あと塗り薬も軟膏でも全然大丈夫な人と、軟膏がどうしてもカブれてしまう人も居てると思います。

 

夏に悪化する人は、汗に反応してかぶれているパターンが大きいと思うのですが、そもそも汗が出ている時点で塗らなくても大丈夫なのです。汗は立派な保湿剤です。ワセリンは保湿剤が蒸発してしまわないようにする為でもあるので、夏場に汗が出ている時は塗る必要はありません。

 

そして、汗が噴き出ているのにワセリンの油膜でびっちりフタをしてしまうと、汗腺にもフタをしてしまう事になり、そして皮膚呼吸が完全にできなくなってしまいます。

 

なので、夏に悪化する人や、軟膏やワセリンで悪化する人は無理に塗らなくていいのです。私は軟膏タイプのベタベタ感も苦手なので、ステロイドもクリームのものを処方してもらっていました。

 

 

ワセリンを使うべき人は、

  • 冬場に悪化する人
  • すごく乾燥してしまう人
  • 傷口の保護として重宝している人
  • ステロイドの代用として重宝している人

 

などが向いていると思います。

 

アトピー治療に置いて、誰でもかれでも「どーーーしてもワセリン塗らないと駄目だよ!!」って事は全くないのです。少なくとも、私は夏場には使いません。汗をすぐふき取りたいので、ワセリンなんて塗れません。

 

その分普段の保湿やさっぱりしたスキンケアを徹底しましょう!