アトピーでもキレイになれる!

幼少期から成人まで重症アトピーを患っていた美容コスメマニア。アトピーに良いものを研究しつくし、独自のセルフケアで現状はツヤ肌を維持!『アトピーだって絶対キレイになれる!』を実証します!

夏バテや自律神経の乱れによるアトピー対策!漢方薬なら「補中益気湯」を試すべき!

毎年夏になるとアトピーが悪化する・・・酷くなると蕁麻疹が出てきたり。私もその一人でした。「夏だから仕方がない・・」とあきらめていませんか?実はそれ、もしかしたら漢方薬で改善できるかもしれません。

 

 

 

f:id:lovemorimori:20160806192547j:plain

 

日本には四季がそもそあり、アトピーも四季に合わせて悪化したりするもんです。

 

春はほこりっぽくて、花粉やPM2.5、黄砂で悪化します。秋でもヨモギやブタクサなどのアレルギーを発症する人も多いです。冬は言うまでもなく、乾燥から来る症状の悪化ですね。

 

では夏はどうでしょう?恐らく、段々と暑くなる季節になると皮膚科のアトピー患者さんは急激に増えると思います。

 

多分、四季の中でも一番やっかいな季節だと思われます。

 

夏にアトピーが悪化する原因は多々あります。

 

夏場はどうしても汗をかいてベタベタして痒くなり、お肌も雑菌が繁殖して衛生的にもあまり良くありませんよね。あとは夏場は体温が上がり血流が良くなりすぎて痒くなる、などがあります。

 

なんとも厄介な季節です・・・。でも汗のベタベタや体温上昇だけが、夏に悪化する原因なのでしょうか?

 

 

 

 

◆夏のアトピーに加えて紫外線による蕁麻疹まで!

これは私の体験談なのですが、もともと私は夏場にアトピーが悪化するタイプでした。

汗をかいたらベタベタするし、気温が高いと体温も上がって体の中から火照ってくる感じで、それが痒みを倍増させていました。

 

毎年夏が来るのが憂鬱・・・そんな事を思っていると、今年の6月、なんと体中に「じんましん」が出てきてしまったのです!!

 

出てきた場所は、紫外線に一番当たる腕や足でした。蚊に刺されたような発疹がプツプツと帯状に出てきて、それはもう痒くて痒くてたまりません。

 

蕁麻疹が出てくるタイミングは、幼稚園の送迎時など決まって「紫外線に当たった時」だったので、ドライアイスで冷やして、クーラーの効いた部屋で休むと段々落ち着いてきます。

 

アトピーは夏にいつも悪化してたんですが、蕁麻疹なんて出たこと無かったので驚きました。6月といえば、日差しも段々ときつくなる季節。梅雨のジメジメや慣れない気温差、体が季節の変化に付いていかなかったんだと思います。

 

しかも、やはり年々歳をとっているので、体力や免疫力も落ちてきています。

 

 太陽に当たると蕁麻疹が癖のように出てくるので、皮膚科に相談しに行きました。そこで知らされた衝撃の事実とは・・・!

 

 

 

 

◆夏に悪化するアトピーや蕁麻疹の原因は疲れや虚弱体質にあった!

f:id:lovemorimori:20160806192608j:plain

 

皮膚科の先生に相談したんです。「夏にいつもアトピーが酷くなってたんですが、今年はとうとう蕁麻疹が出てきてしまいました・・どうしたらいいですかね・・」

 

すると先生は「ちょっとお疲れですね。蕁麻疹は、自律神経が乱れたり夏の疲れがたまりやすい人にも出てきます。胃腸が弱かったり、虚弱体質の人とかもです。」

 

えっ 私、蕁麻疹は完全に太陽(紫外線)に当たったから出てきたんだと思ってたんですが、なんと夏の疲れや、夏場に胃腸のバランスが崩れても蕁麻疹が出てくるとの事!

あれれ、知ってたらごめんなさい・・・。 

 

6月は、ちょうど春から夏に変わり、今までと違った異常なまでの湿度や温度。クーラーの効いた部屋や暑い外に出たりと気温差も激しくなってきますよね。

 

 

この温度差などに体が対応できずにバテたりするのが夏バテなんですが、この夏バテの状態は完全に自律神経が乱れています。

 

そうなると、体は完全にお疲れモード。夏バテってなかなかわかりずらくて、自律神経が乱れていることも本人には自覚のない事がほとんどです。

 

知らず知らずの内に免疫力も下がり、今までは何てこと無かったような事(例えば紫外線にちょっと当たっただけでも)体は過敏に反応してしまいます。

 

 

汗で悪化するアトピーもありますが、この夏の自律神経の乱れや疲れから「夏のアトピー悪化や蕁麻疹」を発症してしまうことも多いそうです。

 

 

 

 

◆補中益気湯のアトピーに対する効果は?

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)って、聞いた事あるよ~って方いますかね? 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

結構マイナーな漢方薬なので、あまり知ってる人も少ないかもですが、私が先生に処方される時に言われたことは、

「この漢方はですね、戦地で死にかけの兵士が飲むようなイメージです」と言われて勧められました。・・・笑

 

産後すぐだったというのもあり、昼夜問わない授乳もあって虚弱状態で、激しい気温差や高い湿度・・・完全に私の体はお疲れモードだったんでしょう。死にかけの兵士とまではいかないかもですが、先生もそれを見抜きました。

 

それからこの漢方を毎日飲み続けました。

f:id:lovemorimori:20160803231813j:plain

 

 

その効果なんですが・・・

 

明らかに蕁麻疹が出る機会が減りました。前みたいに帯状にたくさん出てくる事はなく、長時間紫外線に当たるとポツポツ・・・とたまに出てきたりしますが明らかにその回数は減っています。

 

(紫外線吸収剤不使用の日焼け止めに変えたというのも大きいかも?詳しくはこの記事もどうぞ↓)

atopy-kanti.hatenablog.com

 

そして何より、もんのすごく体力が満ち溢れてくる感じです。これは何?私、なんか滋養強壮のドリンク飲んだ?っていうくらいに元気モリモリ状態です。ナチュラルハイとでも言うのでしょうか、赤ちゃんの授乳でほとんど眠れていないのに元気です。

 

私の蕁麻疹が出なくなったのも、日焼け止めを変えたというのもあると思うんですが根本的に、夏でも産後でも体力がきちんとついて、バテにくくなって免疫がついたのかなと思っています。

 

もともとこの補中益気湯は、虚弱体質の方向けなので元気な方には向きません。体力がなく衰えてる人向けです・・・。

 

*************

 

夏はどうしても、胃腸が弱ったり体もバテ気味で体力が落ちたり疲れたりします。それとアトピーや蕁麻疹は関係がないように思われがちですが、 実はそれはお肌の免疫力が大きく落ちている証拠でもあります。

 

なかなか蕁麻疹が治らない・・・夏にアトピーが悪化する・・・

 

そんな人は、一度この漢方薬で体の中から元気になって、免疫力もパワーアップしてみるのもいいかもしれません。